2016/12/02

コンフェデ杯の組み合わせ決定

 2017年コンフェデレーションズ杯ロシア大会の組み合わせ抽選会が26日にカザン(ロシア)で行われた。2018年ロシアW杯を前に、同じロシアの地で、2017年6月17日に開幕し、7月2日に決勝戦が行われる。開催国ロシアとブラジルW杯王者のドイツ、各大陸の王者が出場し、2つのグループに分かれて対戦し、各グループ2位までが準決勝に進出する。
 開催国ロシアが入ったグループAに、オセアニア王者のニュージランド、欧州王者のポルトガル、北中米カリブ海王者のメキシコが入った。一方、ブラジルW杯王者のドイツが入ったグループBには、南米王者のチリ、アジア王者のオーストラリア、来年1月から2月にかけて行われるアフリカ・ネイションズ杯王者が入る。前のページに戻る
コンフェデ杯組み合わせ抽選会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/01

ブラジル1部・シャペコエンセ搭乗の航空機が墜落

 シャペコエンセの選手などを乗せたチャーター機が28日、コパ・スダメリカーノの決勝のためコロンビアのメデジンへ向かう途中、メデジン郊外の山間部に墜落し、81人の乗員・乗客のうち75人が犠牲になったとみられている。南米サッカー連盟は、コパ・スダメリカーノの決勝を延期することを発表した。
 シャペコエンセは1973年に創設されたクラブで、本拠地はサンタカタリーナ州の人口約20万人の都市シャペコにある。2009年にセリエD(4部)で3位に入り、3部に昇格すると12年に3部3位、翌13年には2部2位となり、14年に1部へ昇格した。16年シーズンは1節を残して9位につけ、2年連続出場となったコパ・スダメリカーナでは決勝に進出した。前のページに戻る
墜落事故現場


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/30

J1CS、浦和が10年ぶり制覇に王手

 Jリーグチャンピオンシップ(CS)決勝の第1戦が29日にカシマスタジアムで行われ、浦和が1-0で鹿島を制した。
 前半は両チーム好機を作りながらも無得点。互いにファウルが飛び交う激しい展開となった。後半12分、ペナルティーエリア内で鹿島DF西が浦和FW興梠を倒してしまい、PKを献上。これをMF阿部が落ち着いて決め、浦和が先制した。鹿島は同17分に、右足を痛め10月末から戦列を離れていたMF柴崎を投入。チャンスを作ったが、得点に結びつかなった。前のページに戻る
鹿島対浦和


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/29

元イングランド代表ジェラードが引退表明

 元イングランド代表主将で、リバプールで長く活躍したMFスティーブン・ジェラード(36)が、現役引退を表明した。ガーディアン紙(電子版)など複数の英メディアが報じた。リバプール一筋でプレーし、05年には欧州CLを制覇。15年から米MLSロサンゼルスに所属した。今月15日に退団を表明していた。
 ジェラードは声明で「子供のころの夢をかなえてリバプールのユニホームを着て、98年にデビューした時、その後18年の出来事を想像できなかった」と述懐。リバプールで700試合以上、イングランド代表で114試合に出場し、両方で主将を務めたことは大きな誇りだと語った。前のページに戻る
ジェラード


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/28

ACL、全北現代が2度目の優勝

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝第2戦が26日に行われ、全北現代モータース(韓国)はアル・アイン(アラブ首長国連邦)と1-1の引き分け、2戦合計スコアを3-2とし、2006年10年ぶり2回目となるアジア制覇を達成した。
 ホームで行われた初戦を2-1で勝利していた全北現代はこの試合、先制点を挙げるも直後にアル・アインに同点ゴールを許した。さらにハーフタイム直前にはPKのピンチを招いた全北現代だったが、アル・アインのドウグラスが失敗した。後半に入ってアル・アインは猛攻を仕掛けたが、全北現代はGK權純泰を中心とした堅い守りを見せて、引き分けのまま終了した。前のページに戻る
全北現代

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/25

Kリーグの強豪・城南が初の2部降格

 韓国・Kリーグ・クラシック(1部)の11位城南が、Kリーグ・チャレンジ(2部)3位の江原FCとの入れ替え戦に臨み、17日に行われた江原ホームでの第1戦は0-0のドローに終わったのに続いて、20日の第2戦も1-1で引き分けたが、アウェイゴールで上回る江原が昇格、城南が初の2部降格となることが決まった。
 1989年からリーグに参加してきた城南は、1993年から95年、2001年から03年の2度の3連覇を含むリーグ優勝7回を誇り、1996年にはACLの前身であるアジアクラブ選手権で優勝。ACLでは2004年の準優勝に続き、2010年には初優勝を成し遂げたが、それからわずか6年で2部降格にまで転落してしまった。前のページに戻る
城南


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/24

CS準決勝、鹿島が1-0で川崎に勝利

 Jリーグの年間王者を決めるチャンピオンシップ(CS)は23日に等々力陸上競技場で準決勝が行われ、年間勝ち点2位の川崎と第1ステージ覇者で同3位の鹿島が激突。鹿島がFW金崎の決勝ゴールで1-0の勝利を収め、浦和と対戦するCS決勝進出を決めた。
 前半はお互いに一進一退のまま0-0で折り返し。そして迎えた後半5分、DF山本の左クロスを金崎が頭で決めて鹿島が先制点を挙げた。その後、川崎の猛攻をしのぎ、1点リードを守って逃げ切った。CS決勝は第1戦が29日にカシマスタジアムで、第2戦が12月3日に埼玉スタジアムで開催される。前のページに戻る
川崎対鹿島

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/22

J2札幌と清水がJ1昇格、松本はPOへ

 J2最終節が20日に各地で行われた。首位の札幌はホームで最下位金沢と対戦し、スコアレスドローで試合を終え、9年ぶりのJ2優勝と、5年ぶりのJ1昇格を掴んだ。2位の清水はアウェーで徳島と対戦し、2-1で勝利。札幌の結果により優勝こそ逃したが、9連勝でシーズンを締めくくり、1年でのJ1復帰を果たした。
 最後まで2位争いを演じた松本は横浜FCを3-2で制したが、惜しくも3位でフィニッシュとなり、昇格プレーオフ(PO)へ回ることとなった。また、金沢がJ2・J3入れ替え戦へ回り、北九州の自動降格が決まっている。前のページに戻る
札幌


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/21

アスルクラロ沼津のJ3昇格を承認

 Jリーグは東京都内で理事会を開き、今季の日本フットボールリーグ(JFL)で年間3位だったアスルクラロ沼津のJ3昇格を承認した。来季のJ3は沼津を加えた17チームで行われる。沼津は9月にJ3ライセンスを受け、JFL年間4位以内などの条件も満たした。
 また、Jリーグは前副社長によるクラブ資金5000万円の私的流用が発覚したJ3グルージャ盛岡に対し、制裁金500万円とけん責の処分を科した。再発防止策を講じているなどとして、来季のJ3ライセンスは交付される。前のページに戻る
Jリーグ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/18

楽天、バルサとスポンサー契約

 バルセロナが、インターネット通販大手の楽天とメインパートナー契約を結ぶことで合意したと発表した。契約期間は17~18年シーズンからの4年間で1年の延長オプション付き。年間5500万ユーロ(約64億円)、4年総額2億2000万ユーロ(約257億円)の大型契約となる。
 15年にスペイン代表DFピケが夫人の歌手シャキーラとともに米サンフランシスコの三木谷会長の家で食事会を開いたことが、今回の契約のきっかけと紹介された。また、バルセロナが年間1試合、日本での試合を計画していることも明かされた。前のページに戻る
バルセロナ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«JFAがサッカーゲーム事業参入