2018/05/28

欧州CL、レアルが3連覇

 欧州チャンピオンズリーグ(CL)は26日に決勝がウクライナ・キエフであり、レアル・マドリードがリバプールを3-1で退け、3大会連続13回目の優勝を果たした。3連覇は前身大会だった1974~76年のバイエルン・ミュンヘン以来の快挙で、大会の名称が変更された1992~93年シーズン以降では初。
 レアル・マドリードは前半を0-0で折り返し、後半6分にベンゼマが先制。セットプレーで追いつかれたが、後半19分に途中出場のベイルがオーバーヘッドシュートを決めて勝ち越した。ベイルは後半38分にもミドルシュートで加点した。レアル・マドリードは12月にアラブ首長国連邦で開催されるクラブワールドカップ(W杯)の出場権を獲得した。前のページに戻る
レアル・マドリード


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/25

イニエスタが神戸加入

 ヴィッセル神戸は23日、代表取締役会長を務める三木谷浩史氏が都内で会見を開き、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)が加入することを発表、その後、本人が登場すると両名による契約書への調印式も行われた。世界的に注目を集める歴史的会見には211媒体、348人の報道陣が集まった。
 12歳でバルセロナの下部組織に加入したイニエスタは、バロンドール受賞こそないが、バルサ史上最高傑作と呼ばれている。また、同クラブでUEFAチャンピオンズリーグ制覇を4度経験するなど32個のタイトルを獲得。スペイン代表では、2010年南アフリカW杯のオランダとの決勝で、延長後半11分に決勝点を決め、母国を世界王者に導いた。前のページに戻る
イニエスタ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/24

ミラン、UEFAとFFP和解協定を結べず

 欧州サッカー連盟(UEFA)は22日、UEFAが定めるファイナンシャル・フェアプレー(FFP)に抵触する恐れのあるACミランに対して、FFPに関する和解協定の申請を却下したと発表した。ミランはこれで来季の欧州カップ戦から除外されるなどの制裁を受ける可能性が出てきた。
 ミランについては2017年、中国人実業家を中心とする合弁企業が、7億4000万ユーロ(約965億円)でクラブを買収したが、UEFAはクラブ経営の安定性を疑問視していた。ミランは米ヘッジファンドから、巨額の利子がともなう3億ユーロ(約392億円)の資金を借り入れており、さらに昨年夏の移籍市場では、新戦力の獲得に2億ユーロ(220億円)以上をつぎ込んでいる。前のページに戻る
ミラン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/23

イニエスタ涙でバルサに別れ

 20日のリーガ最終節でバルセロナはソシエダに1-0で勝利。後半12分のMFコウチーニョのゴールが決勝点になった。前節敗れたことで無敗優勝は逃していたバルセロナだが、最終戦を白星で締めくくった。
 試合後に行われた、今季限りでバルセロナを退団するMFアンドレス・イニエスタ(34)のセレモニーで、時折目頭を押さえながら、「チームメイトに感謝したい。ファンのみんなも本当にありがとう」と話すと、FWルイス・スアレスらチームメイトも涙する場面がみられた。前のページに戻る
イニエスタ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/22

ミランは大勝でEL本戦へ

 20日にセリエA最終節が行なわれ、フィオレンティーナに5発大勝で6位の座を守ったミランは、当初の目標だったCL出場には届かなかったが、EL本戦出場を決め2シーズン連続で欧州の舞台に立つ権利を手にした。
 ミランは先制ゴールを奪われたが、その3分後、チャルハノールが直接FKを決めて流れを変える。42分にはクトローネがダイビングヘッドで流し込み逆転。後半に入り、49分にクトローネが頭で合わせるが、一旦は相手GKがセーブ、しかし、すかさずカリニッチが詰めて加点。59分にもクトローネが、GKとポストのわずかな隙間を射抜いて4点目。最後は76分、ボナベントゥーラがハーフウェーライン付近からドリブルで突き進み、ゴールを決めた。前のページに戻る
ミラン


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/21

ドイツのレーヴ代表監督が22年まで指揮

 ドイツサッカー連盟(DFB)は、ヨアヒム・レーヴ監督(58)とカタールW杯が開催される2022年まで契約更新した。
 同監督は2006年にドイツ代表監督クリンスマンのアシスタントコーチを務めた後、監督に就任した。それ以降、彼は今日まで160試合を指揮している。今回の契約更新によって、ユップ・デアヴァルの持つ最多指揮記録166試合の更新がほぼ確実となった。前のページに戻る
レーヴ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/18

欧州EL、A・マドリードが3度目の制覇

 16日にヨーロッパリーグ(EL)決勝がフランス・リヨンで行なわれ、アトレチコ・マドリードが3-0でマルセイユを下し、6シーズンぶり3回目の優勝を飾った。
 前半21分、グリーズマンが先制点を奪うと、さらに後半4分、グリーズマンがドリブル突破から飛び出してきたGKの頭上を越えるループシュートを決めて2点目。同44分にはコケのラストパスから、ガビがシュートを決めて突き放した。前のページに戻る
アトレチコ・マドリード


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/17

ACL、鹿島が10年ぶり8強

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦第2戦が16日に行われ、鹿島はアウェーで上海上港に1-2で敗れたが、2戦合計4-3で2008年以来、10年ぶりとなる8強入りを決めた。
 鹿島は1点を追う前半終盤にFW土居聖真がゴール。後半にPKで勝ち越されたが、2戦合計で同点となるゴールは許さなかった。準々決勝は8月27~29日に第1戦、9月17~19日に第2戦が行われる。前のページに戻る
上海上港対鹿島


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/16

マンチーニ氏、イタリア代表監督就任

 イタリアサッカー連盟(FIGC)は、ロベルト・マンチーニ氏(53)が同国代表の指揮官に就任すると発表した。イタリア代表は2018ワールドカップ(W杯)ロシア大会欧州予選で敗退し、60年ぶりに本大会出場権を逃した。
 マンチーニ氏はフィオレンティーナやラツィオでの指揮を経て、2004年からはインテルを率いてセリエAで3連覇を達成した。09年から指揮を執ったマンチェスター・Cでもプレミアリーグ制覇を経験。以後はガラタサライとインテルの指揮官を歴任し、今シーズンはロシア・プレミアリーグのゼニトを率いた。前のページに戻る
マンチーニ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/15

バルサ無敗優勝ならず

 リーガ・エスパニョーラは第37節が13日に行われ2季ぶり25度目の優勝を既に決めていたバルセロナは、レバンテに4-5で敗れて今季初黒星を喫した。
 昨季から続いていたリーグ不敗記録は43試合でストップ。1931~32年のレアル・マドリード以来、86季ぶりとなる無敗優勝はならなかった。前のページに戻る
レバンテ対バルセロナ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«イタリア杯、ユーベが史上初の4連覇達成