2017/05/26

FWディルク・カイトが現役引退

 フェイエノールトに所属する元オランダ代表FWディルク・カイト(36)が現役引退を表明した。今後はクラブのテクニカルコーチとして、尽力していくという。
 リバプールからフェネルバフチェを経て、2015年に古巣・フェイエノールトへ復帰したカイト。今月14日に行われたエールディビジ最終節・ヘラクレス戦ではハットトリックを挙げ、18年ぶりの優勝に大きく貢献した。前のページに戻る
カイト


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/25

U-20W杯、日本は0-2でウルグアイに苦杯

 U-20ワールドカップ(W杯)韓国大会は24日、水原などで1次リーグ第2戦が行われ、D組の日本はウルグアイに0-2で敗れた。日本は1勝1敗で勝ち点3のまま。
 前半38分に先制を許し、試合終了間際にも追加点を奪われた。27日に決勝トーナメント進出を懸けてイタリアと戦う。連勝のウルグアイは勝ち点6で決勝トーナメント進出を決めた。前のページに戻る
ウルグアイ対日本


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/24

リバプールがCL出場権を確保

 イングランド・プレミアリーグは21日、第38節の試合が行われ、ミドルスブラを3-0で下したリバプールは、最終順位4位を確定させ、来季の欧州チャンピオンズリーグにプレーオフから出場することが決まった。
 来月で50歳になるユルゲン・クロップ監督は、「現時点でこのクラブはすべてがうまくいっている。われわれにはこの位置がふさわしい。勝ち点76は素晴らしい数字だ。8月には(チャンピオンズリーグで)プレーオフを通過できるのでとても楽しみだ」と試合後に笑顔で話した。前のページに戻る
リバプール


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/23

バルセロナ、リーグ3連覇ならず

 リーガ・エスパニョーラ第38節が21日に行われ、レアル・マドリードが5季ぶり33回目のリーグ優勝を果たし、バルセロナの3連覇はならなかった。3位のアトレティコ・マドリード、4位のセビージャまでが来季のチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。
 個人タイトルではバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが37得点で、4年ぶり4度目の得点王に輝いている。前のページに戻る
メッシ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/22

U-20W杯、日本が2-1で南アに逆転勝ち

 U-20ワールドカップ(W杯)韓国大会は21日、水原などで1次リーグが行われ、2007年以来5大会ぶりに出場した日本はD組の初戦で南アフリカに2-1で逆転勝ちした。
 前半7分に守備のミスから失点したが、後半3分に小川航のゴールで同点に追い付くと、同27分には堂安のゴールで勝ち越した。15歳の久保は同14分から出場し、決勝ゴールをアシストした。前のページに戻る
南アフリカ対日本


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/19

U-20W杯、全試合ビデオ判定採用

 20日に韓国で開幕するU-20ワールドカップ(W杯)で、国際サッカー連盟(FIFA)は大会期間中の全試合でビデオ判定(VAR)を採用することを発表した。ユース世代の大会で初めてのVARの実施となり、計52試合でゴール場面、PK判定、レッドカードや決定的なミスの判断などレフェリーの判定の決定をサポートする。
 VARは昨年12月に日本で行われたFIFAクラブW杯でも採用されており、準優勝に輝いた鹿島が準決勝アトレチコ・ナシオナル戦でVARの恩恵を受けて先制点となるPKを獲得する出来事があった。前のページに戻る
VAR


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/18

DFデミチェリスが現役引退

 元アルゼンチン代表のマラガDFマルティン・デミチェリス(36)が現役引退を発表した。「もう足に力が入らず、集中力も落ちてしまった」と語っている。
 デミチェリスは2001年にリバープレートでデビューを果たし、03年にバイエルン・ミュンヘンに加入。バイエルンではブンデスリーガを4回制した。そして11年から13年まではマラガに在籍してCLベスト8進出などに貢献し、その後に加わったマンチェスター・シティではプレミアリーグ優勝を達成。16年にはエスパニョールに移籍し、17年1月にマラガに復帰していた。アルゼンチン代表としては10年、14年のワールドカップ、15年のコパ・アメリカに参加している。前のページに戻る
デミチェリス


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/17

U-20W杯、「6秒ルール」厳格化

 U-20ワールドカップ(W杯)韓国大会から、GKが手で6秒を超えてボールを保持できない「6秒ルール」と、主審への異議は主将に限られるという2つの規則がより厳しく適用される見通しになった。国際サッカー連盟(FIFA)がU-20W杯今大会で試験的に厳しくチェックすることになったもの。
 厳格化とはいえ、もともとルールとして定められていたものなので、今大会での判定が今後の基準になっていく可能性もある。前のページに戻る
FIFA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/16

スダメリカーナ、サンパウロは1次ラウンドで敗退

 11日に各地で行われたスダメリカーナの1次ラウンド第2戦で、サンパウロはデフェンサ・フスティシア(アルゼンチン)に1-1で引き分け、2試合合計スコアは同点だが、アウェイゴールによりデフェンサ・フスティシアの2次ラウンド進出が決まった。
 サンパウロは、すでにサンパウロ州選手権では準決勝でコリンチャンスに敗れ、コパ・ド・ブラジルでもクルゼイロに負けて決勝トーナメントにも進めなかった。元ブラジル代表でサンパウロのレジェンドGKだったホジェーリオ・セニ監督は就任から5ヵ月足らずで3つの大会から姿を消した成績を受けて、サポーターの間から手腕に疑いの目が向けられている。前のページに戻る
ホジェーリオ・セニ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/15

Jリーグ、鹿島は神戸に敗れて首位陥落

 J1リーグは14日、第11節を行い、鹿島は神戸に1-2で敗れた。鹿島は、けが人で組み替えた守備のすきを突かれ失点し、さらなる故障者も続出し、首位陥落となった。
 今季全公式戦にフル出場していたDF植田が右太ももを痛めて欠場し、19歳の町田がリーグ戦に初出場した。町田は神戸に意識して狙われ、味方のオウンゴールで失点した直後の、前半14分、カウンターから渡辺に背後を取られて左クロスを頭で決められた。さらに前半35分に遠藤、後半17分にレオシルバが負傷交代。同44分にレアンドロが1点を返したが追いつけなかった。前のページに戻る
レオシルバ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«中国が34年W杯開催国に立候補か