2017/02/24

ACL史上初の女性監督、広州恒大に大敗

 アジアチャンピオンズリーグ(ACL)史上初の女性指揮官のチャン・ユエンティン監督(28)が率いるイースタンSC(香港)が、敵地で広州恒大(中国)に0-7で敗れた。
 注目の女性指揮官チャン・ユエンティン監督は、昨季の香港プレミアリーグで優勝し、その功績はギネス記録にも認定された。相手は元ブラジル代表指揮官のルイス・フェリペ・スコラーリ監督が率いる、2013年、15年大会の覇者である広州恒大。中国スーパーリーグを6連覇する王者になすすべが無かった。前のページに戻る
チャン・ユエンティンとスコラーリ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/23

ACL、鹿島が蔚山に2-0快勝

 鹿島が21日、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグ第1戦に臨み、ホームで蔚山現代(韓国)に2-0で快勝し白星発進した。
 18日のゼロックス・スーパー杯からスタメン6人を替えて臨んだ鹿島だが、序盤からなかなかリズムをつかめず劣勢のまま0-0で前半を折り返す。後半19分、MF永木の左CKを、ゴール前中央でFW金崎がヘッドで合わせゴールに突き刺し、鹿島が先制した。さらに同37分には金崎からの浮き球パスに、鈴木が右足シュートを決めて追加点を決めた。鹿島は守備陣も奮闘し、新加入のGKクオン・スンテも好セーブを連発し、蔚山現代の攻撃陣を封じ、無失点で逃げきった。前のページに戻る
鹿島


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/22

FWルイス・ファビアーノがバスコへ移籍

 バスコ・ダ・ガマは、天津権健(中国)から元ブラジル代表FWルイス・ファビアーノ(36)を獲得したことを発表した。昨季には中国スーパーリーグに活躍の場を移したが、1年で帰国することになった。
 1998年にポンチ・プレッタの下部組織から昇格したルイス・ファビアーノは、2年後にはレンヌへ移籍したがゴールがなく、2001年にサンパウロへ移籍してゴールを量産した。その後、FCポルトでは力を出せなかったが、05年から6年間在籍したセビージャでは112ゴールを叩き出す大活躍。そして11年には古巣サンパウロに戻ってもエースストライカーとして活躍した。前のページに戻る
ルイス・ファビアーノ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/21

ミラン会長の本拠地ラストマッチ

 19日のフィオレンティーナ戦に2-1で勝利したミランは、これがシルビオ・ベルルスコーニ会長にとっての最後のホームゲームとなりそうである。ミランは昨季終了後に、中国資本に株式99%以上を売却することで基本合意したものの、中国政府による海外への多額資本の流出に対する干渉などで正式契約は延期を重ねていたが、ようやく問題をクリアさせた模様。
 ミランはベルルスコーニ氏がクラブを買収して以降、2000年代中盤までに黄金期を築いた。しかし、近年は財政難に陥り、成績を急激に落としていた。今後は“チャイナ・ミラン”として復活を期すことになる。前のページに戻る
ベルルスコーニ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/20

ゼロックス杯、鹿島が6度目の優勝

 Jリーグのシーズン開幕前に行われる富士ゼロックス・スーパーカップは18日、横浜市の日産スタジアムで行われ、昨季J1と天皇杯全を制した鹿島が、J1で2位だった浦和に3-2で競り勝って7年ぶり6度目の優勝を果たした。鹿島は賞金3千万円を獲得した。
 鹿島は前半に遠藤が2得点。後半に興梠、武藤のゴールで追い付かれたが、途中出場の鈴木が相手のミスを突いて勝ち越した。前のページに戻る
鹿島


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/17

国王杯決勝、ビセンテ・カルデロンに決定

 スペインサッカー協会(RFEF)は、今シーズンのコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)決勝の会場がビセンテ・カルデロンに決定したと発表した。5月27日に行われるスペイン国王杯の決勝戦は、3連覇を目指すバルセロナと、クラブ史上初の決勝進出を果たしたアラベスとの対戦になる。
 会場は昨シーズンの同大会決勝も行われており、2年連続の使用となった。なお、アトレチコ・マドリードが本拠地としている同スタジアムは今シーズンまでで、来シーズンからはワンダ・メトロポリターノに移すことになっている。前のページに戻る
ビセンテ・カルデロン


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/16

サンパウロ、FWルーカス・プラット獲得

 サンパウロは、アトレチコ・ミネイロからアルゼンチン代表FWルーカス・プラット(28)を完全移籍で獲得した。移籍金は620万ユーロ(約7.5億円)で契約期間は2021年1月までの4年。
 ルーカス・プラットは、2007年にボカ・ジュアーズの下部組織からトップチームに昇格したが、ボカでは出場機会が少なく、11年には完全移籍でジェノアに渡ったが、イタリアでも出場機会には恵まれなかった。しかし、13年に移籍した母国の名門ベレス・サルスフィエルドの2年間で90試合に出場して33ゴールをマークすると、15年にはアトレチコ・ミネイロに活躍の舞台を移してレギュラーを獲得。アトレチコでは107試合に出場して42ゴールと、ブラジルサッカーにも順応した。前のページに戻る
ルーカス・プラット


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/15

欧州CL、バルサが4年ぶりの大敗

 14日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦の試合が行われ、バルセロナはアウェイでパリ・サンジェルマン(PSG)と対戦し0-4の敗戦を喫した。2013年に行われたCL準決勝のバイエルン・ミュンヘン戦(0-4)以来となる大敗となった。第2戦は3月8日にバルセロナのホームで行われる。
 前半18分、PSGのディ・マリアに先制点を許すと、40分にはドラクスラーにゴールを許し2点差に。さらに55分、再びディ・マリアに3点目を決められると、71分にはムニエの縦パスに抜け出したカバーニに4点目を決められた。前のページに戻る
PSG対バルサ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/14

プレシーズンマッチ、鹿島が水戸に快勝

 2017Jリーグプレシーズンマッチ いばらきサッカーフェスティバル2017が11日、ケーズデンキスタジアム水戸で行われ、鹿島が3-0で水戸に勝利を収めた。鹿島は18日に、スーパーカップで浦和と対戦する。
 鹿島は34分にMF遠藤のゴールで先制。さらに73分、交代出場したFW鈴木優磨が、ゴールを決める。84分には新加入のMFレアンドロが得点を挙げるなど、鹿島が終始、主導権を握る展開となった。なお、鹿島のゴールマウスは、新加入のクォン・スンテが守った。前のページに戻る
鹿島


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/13

J1優勝、配分金15億5000万円

 Jリーグは、今季新設する理念強化配分金の詳細を発表した。動画配信のDAZNと結んだ10年2100億円超の巨額放送権料が原資で、J1上位(1~4位)クラブに支給される。19年までの3年間は、優勝すると翌年から3年に分け計15億5000万円が手に入る。支給には審査があり、使途はJの理念に沿って強化や普及、若手育成、施設整備、地域交流やスポーツ文化振興に限られる。
 今季J1で優勝すると優勝賞金などを含めて総額22億2000万円を獲得することになる。優勝クラブに比べ、均等配分金だけとなる5位以下のチームでは、18億5000万円の収入差が生まれる。J1の今季開幕は25日、生き残りを賭けて死闘が始まる。前のページに戻る
Jリーグ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«DFラームが今季限りでの引退を発表