2017/01/20

MFシャビ・アロンソ、今季限りで引退へ

 元スペイン代表MFシャビ・アロンソ(35)が今季限りで現役を引退すると、所属するバイエルン・ミュンヘンに伝えたと明言した。クラブ側は契約延長を望んでいるということで、今後の動向に注目が集まりそうだ。
 シャビ・アロンソは1999年にレアル・ソシエダでプロデビュー。その後、リバプール、レアル・マドリード、バイエルン・ミュンヘンとビッグクラブを渡り歩き、中盤の軸として活躍。リバプールで05年CL優勝、レアル・マドリードで14年CL優勝など、数々のタイトル獲得に貢献した。スペイン代表は03年にデビューし、14年W杯ブラジル大会まで同代表歴代6位の通算114試合に出場。10年W杯初優勝、08年、12年欧州選手権連覇など中盤の底でスペイン黄金期を支えた。前のページに戻る
シャビ・アロンソ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/19

FWドログバ、コリンチャンス入団で現役続行

 元コートジボワール代表FWのディディエ・ドログバ(38)が、ブラジルのコリンチャンスに入団することで合意に達した。取材によると、契約期間は1年、月給は15万ドル(約1700万円)。
 ドログバはチェルシーやマルセイユ、ガラタサライなどでプレーした経験を持つ。チェルシーではプレミアリーグやチャンピオンズリーグの優勝に貢献した。2度のプレミアリーグ得点王に輝いた実績を持っている。2015年にアメリカに渡り、MSLのモントリオール・インパクトに所属したが、2016シーズンを持って退団していた。前のページに戻る
ドログバ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/18

DFズーレとMFルディ、バイエルンに来季から加入

 バイエルン・ミュンヘンは、ホッフェンハイムからDFニクラス・ジューレ(21)とMFセバスティアン・ルディ(26)を獲得したと発表した。ドイツ代表の2人は7月からチームに加入し、22年6月30日までの契約を結ぶ。
 ジューレは各年代別のドイツ代表に選出されてきた経歴を持ち、16年にはリオ五輪代表として活躍し銀メダル獲得に貢献した。ルディは14年5月にA代表でデビューし、クラブでは主に守備的MFを担当するも、代表では右サイドバックで起用されるなど高いユーティリティ性を発揮する。前のページに戻る
ルディ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/17

鹿島、元セレソンFWレアンドロ獲得

 鹿島がブラジル代表経験のあるFWレアンドロ(23)をパルメイラスからの期限付き移籍で獲得することを発表した。
 2011年にグレミオの下部組織からトップチームに昇格しプロデビュー。以降、パルメイラス、サントス、コリチーバと国内クラブを渡り歩いた。U-20、U-21、U-22の各世代別代表で活躍し、13年にはA代表にも選出され、ボリビア代表との国際親善試合で1ゴールを記録している。前のページに戻る
レアンドロ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/16

MFダトロのボカ復帰が叶わず、ビトーリア移籍

 ブラジルのビトーリアが、元アルゼンチン代表MFヘスス・ダトロ(32)の入団を発表した。契約期間は1年。
 2006年から3年間ボカ・ジュアーズで活躍したダトロは、12年からブラジルでプレイ。16年末にアトレチコ・ミネイロの退団が決まると、古巣のボカに戻りたい意向を示していた。ボカのギジェルモ・バロシュケロット監督からはチャンスはあると言われ、ボカへの復帰は秒読みと思われていた。前のページに戻る
ダトロ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/13

FIFA最優秀賞にC・ロナウド

 国際サッカー連盟(FIFA)は9日、スイス・チューリヒで年間表彰式「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ2016」を開催。レアル・マドリード所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが男子年間最優秀選手賞に輝いた。2015-16シーズンのUEFA欧州最優秀選手賞と昨年12月に自身4度目となるバロンドール(世界最優秀選手賞)を受賞し、個人3冠となった。
 C・ロナウドは、レアルで2015-16シーズンのCLを制覇すると、ポルトガル代表ではユーロ2016で悲願の大会初優勝。さらにFIFAクラブW杯2016では決勝の鹿島戦でハットトリックを決め、クラブ世界一へと導いた。前のページに戻る
C・ロナウド


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/12

W杯、2026年大会から48ヶ国に

 国際サッカー連盟(FIFA)は10日、理事会で2026年大会よりワールドカップ(W杯)の出場国を48ヶ国にすると決定した。現在は4ヶ国ずつ8つのグループに分ける形式を採用しているが、26年大会からは3ヶ国ずつの16グループによる1次リーグを行う形に変更される。決勝トーナメントには各グループ上位2ヶ国が進出し、32ヶ国によって争われることになる見込み。
 現行方式では決勝まで最大7試合(グループステージ3試合+決勝トーナメント4試合)だったが、これは参加国数が増えても変わらない(グループステージ2試合+決勝トーナメント5試合)。そのため試合数増による出場国への負担は増えない。前のページに戻る
FIFA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/11

高校選手権、青森山田初優勝

 第95回全国高校選手権大会は9日、決勝がさいたま市の埼玉スタジアムで行われ、青森山田(青森)が、ともに初優勝をかけた前橋育英(群馬)との一戦を5-0の大勝で制した。青森県勢としても初制覇となった。
 青森山田は前半、MF高橋壱が今大会5得点目を挙げて先制、MF嵯峨の得点でリードを広げて前半を折り返した。後半にもFW鳴海の2得点、FW佐々木快のゴールで3点を加え、準決勝までの5試合で無失点だった前橋育英を圧倒した。前のページに戻る
青森山田


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/10

コパ・リベルタドーレスの新たなロゴ発表

 南米サッカー連盟(CONMEBOL)がコパ・リベルタドーレスの新たなロゴを発表した。ゴールドのカラーは南米大陸が持つ富の象徴、上へ向かう曲線は頂点を目指すチームへの情熱と努力を表現。中央の直線にはカップの形状をかたどったデザインとなっている。
 アレハンドロ・ドミンゲス会長は協会主催の式典で「コパ・リベルタドーレスは、南米サッカーが持つ情熱と献身の象徴です。今日、発表した新たなロゴは、私たちはその豊かな伝統に敬意を表したものとなる」とコメントしている。前のページに戻る
コパ・リベルタドーレス


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/06

GK櫛引が岡山へ期限付き移籍

 清水から鹿島へ期限付き移籍で加入していたGK櫛引政敏(23)が、ファジアーノ岡山へ期限付き移籍で加入することが決まった。移籍期間は2017年2月1日から2018年1月31日まで。
 櫛引は青森山田高校出身で、2011年に清水へ加入した。2016シーズンは鹿島へ期限付き移籍で加入。同年夏のリオデジャネイロ・オリンピックの日本代表にも選出され、1試合に出場した。鹿島ではYBCルヴァンカップ3試合の出場にとどまった。前のページに戻る
櫛引


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«FWテベスが上海申花に移籍