2017/07/20

バルサ、ポルトガル代表DFセメド獲得

 バルセロナが、ベンフィカに所属するポルトガル代表DFネルソン・セメド(23)を獲得した。移籍金は3000万ユーロ(約38億7000万円)と報じられている。バルセロナはアーセナルに所属するスペイン代表DFエクトル・ベジェリンの獲得を目指していると伝えられていたが、同ポジションのセメド獲得へと方針を切り替えた模様だ。
 セメドは、ベンフィカの下部組織出身で攻撃的な右サイドバック。直近2シーズンでは公式戦63試合に出場。ポルトガル代表にも名を連ね、2017 FIFAコンフェデレーションズカップロシアに出場している。前のページに戻る
セメド


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/19

U-17W杯の組み合わせ決定

 FIFA U-17 ワールドカップ(W杯)インド2017の組み合わせ抽選会が行われ、日本はホンジュラス、ニューカレドニア、フランスと同組のグループEに入った。
 同大会は10月6日~28日にかけて開催。日本は同8日にホンジュラスと初戦を迎え、同11日にフランスと、同14日にニューカレドニアと対戦する。前のページに戻る
U-17W杯


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/18

カシマスタジアムが東京五輪会場に正式承認

 2020年東京五輪のサッカー競技会場に、茨城県立カシマサッカースタジアムが追加されることが国際オリンピック委員会(IOC)の理事会で正式承認された。「茨城カシマスタジアム」の名称で使用される。
 会場はこれまで、新国立競技場、東京スタジアム(味の素スタジアム)、札幌ドーム、宮城スタジアム、埼玉スタジアム2002、横浜国際総合競技場(日産スタジアム)での開催が決定していた。前のページに戻る
カシマサッカースタジアム


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/14

ミランがGKドンナルンマと契約延長

 ミランは、イタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(18)との契約を2021年6月30日まで延長したことを発表した。新契約締結で年俸は600万ユーロ(約7億8000万円)にまでアップしたとのことだ。
 2018年6月末で契約が満了を迎えるため、2016-17シーズン中からミランは契約延長交渉を行っていたようだが、代理人などの影響もあってかなかなかまとまらず。先日、契約延長交渉を断念することをミランは発表していた。しかし、簡単には諦められなかったのか、紆余曲折を経てなんとか契約延長にこぎつけた。前のページに戻る
ドンナルンマ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/13

ハメス・ロドリゲス、バイエルンにレンタル移籍

 バイエルン・ミュンヘンが、レアル・マドリードからコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(25)を2年の期限付き移籍で獲得した。契約は2019年6月30日までで、バイエルンには買い取りオプションがついている。
 2014年のW杯ブラジル大会で6得点を挙げる活躍を見せたロドリゲスは、同年7月にレアルに加入。アンチェロッティ監督の下で14-15シーズンは46試合に出場し、17得点18アシストを記録した。しかしながら、ジダン監督就任後はチーム内で苦しみ、昨季はリーグ戦で13試合に先発出場。ベンチスタートは9試合だった。前のページに戻る
ハメス・ロドリゲス


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/12

バルサDFマチュー、スポルティング移籍

 バルセロナはフランス人DFジェレミー・マチュー(33)と契約を解消し、スポルティングが2年契約で獲得した。契約解除金は6000万ユーロ(約77億円)に設定された。
 2014-15シーズンから3シーズンをバルセロナで過ごしたマチューは公式戦通算91試合に出場、4ゴールを記録している。フリーでの退団となるのでバルセロナに移籍金は入らない。前のページに戻る
マチュー


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/11

バルサ、メッシと契約延長

 バルセロナは、アルゼンチン代表のFWリオネル・メッシ(30)と2021年6月まで契約を延長することで合意した。年俸は4000万ユーロ(約48億円)、契約解除に伴う違約金は3億ユーロ(約360億円)といずれも超巨額であると報道されている。
 13歳でバルサの下部組織に入団し、17歳でトップデビューを果たしたメッシは、バロンドールを史上最多の5回獲得。さらに8度の国内リーグ優勝や、4度のチャンピオンズ・リーグ(CL)制覇に貢献するなど世界最高の選手と言われている。前のページに戻る
メッシ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/10

ミランがMFチャルハノール獲得

 ミランが、レバークーゼンからトルコ代表MFハカン・チャルハノール(23)を4年契約で獲得した。昨シーズンは過去の移籍に関する問題を理由に、FIFA(国際サッカー連盟)から4カ月の出場停止処分を受け、公式戦22試合の出場にとどまっていた。
 カールスルーエユース出身のチャルハノールは、同クラブのトップチーム、ハンブルガーSVを経て、2014年にレバークーゼンへ移籍。同チームではブンデスリーガとドイツカップで計87試合に出場し、20ゴールを記録している。前のページに戻る
チャルハノール


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/07

バルサ、U-21スペイン代表デウロフェウを買い戻し

 バルセロナが買い戻しオプションを行使し、エバートンからU-21スペイン代表FWジェラール・デウロフェウ(23)が復帰することを発表した。契約期間は2019年6月末までとなる。
 2年前にエバートンに移籍したデウロフェウを、1200万ユーロ(約15億円)で買い戻し、新シーズンの獲得選手第1号となる。前のページに戻る
デウロフェウ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/06

ミランがFWボリーニ獲得

 ミランが、サンダーランドのイタリア代表FWファビオ・ボリーニ(26)を獲得した。ボリーニは今夏5人目の補強で、ポルトガル代表FWアンドレ・シルヴァに続く2人目のストライカー獲得となった。
 ボリーニは、ボローニャの下部組織からチェルシーのアカデミーへ移籍し、同クラブでトップチームデビューを果たした。2011年からスウォンジーやパルマ、ローマ、リバプールと渡り歩き、2013年からはサンダーランドでプレー。今シーズンはプレミアリーグで24試合に出場したが、2ゴールにとどまっていた。前のページに戻る
ボリーニ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«サンパウロのセニ監督、就任半年で解任